古希の祝いにもらった言葉

この間、古希になりました。大分こっちに来たという感じです。人生80年です。もうちょっとですね。

 

孫たちから写真と色紙の寄せ書きをもらいました。まだアルバイトをしていました。全体では「じいじ、いつまでもお仕事がんばてね!」と。
高校になろうとしている孫からは「じいじの後輩になれるかな。がんばります。」と。
6年生の孫からは「じいじのえがおが力になります。と。
1年生の孫からは「じいじすきだよ!」と。

 

まだ稚拙の字でのメッセージです。
なによりの贈り物です。
色紙には家族全員の写真と孫1人づつの写真とメッセージです。大事にとってあります。

 

このあいだはいはいしていた孫が、高校生、6年生、1年生ですから、こちらも歳をとるのはやむを得ませんね。
子供の成長は早いものですね。

 

 

私はさるスーパーでカート回収のアルバイトをしています。駐車場にちらばったカートを集めて、いつものところに運んでいます。
夏は暑く、冬は寒いです。仲間は8人くらいで、交代交代で働いています。

 

勤務に出てしまうとほとんど一人です。カートは駐車場のほとんどカート置き場にあります。

 

しかし駐車場を各階1周します。1勤務3時間くらいで、適当に休憩します。

 

定年もないので、体が続く限りは、アルバイトにせいを出そうと思っています。
お給料は孫のお小遣いに行きます。